ダイエット中でもついつい食べたくなっちゃうラーメン
そこで今回は家でも手軽に食べられる、インスタントラーメンの歴史と、
オーサワのヘルシーラーメンの魅力をお伝えします!
世界初のインスタントラーメン1958年(昭和33年)、日清食品
の創業者である安藤百福が、「瞬間油熱乾燥法」を用いて
製造した「チキンラーメン」です。
1962年には、明星食品がでん粉を使ってスープを粉末にする
スープ別添技術を開発
その後塩味、味噌味、カレー味など、スープの味にバラエティが
広がりました

また、1970年代以降、麺を油で揚げず冷凍乾燥させるフリーズ
ドライ製法
が普及します。
スープもフリーズドライ等によって乾燥粉末化され、乾燥ネギ
などのかやくを封入する製品が一般化しました。
また、近年では、健康志向の高まりから、油で揚げる代わりに、
蒸したり、熱風乾燥するノンフライ麺の採用が増えています

オーサワのヘルシーラーメンの魅力って?

  • 砂糖の変わりにメープルシロップを使っているので栄養たっぷりでしかもヘルシー!
  • 油などは植物性のものを使用しており動物性のものは使っておりませんので、マクロビオティック製品として安心して食べられます!
だからヘルシーラーメンはマクロビオティック製品として安心!
味もさっぱりしているので、食べやすく、おやつ代わりや夜食にもぴったり!

上の材料を使って作る。一工夫レシピ

〜カレーをスープに混ぜればカレーラーメンに。一度で二度おいしいメニューです!〜
<ラーメン> <まいたけのドライカレー>
  • たまねぎ    :1個
  • まいたけ    :1個
  • ヘルシーカレー粉:50g(固形で2ブロック)
  • にんにく    :1かけ
  • オリーブオイル :大さじ2〜3杯
  • 塩・コショウ  :適量
<お好みでトッピング>
  • ほうれんそう:お好みの量
手順1
たまねぎ、まいたけ、
にんにくをみじん切りにします。
手順2
フライパンにうすく油をひいて、たまねぎと
にんにくを炒めます。
たまねぎはキツネ色になるぐらいまで炒めてください。
手順3
2で炒めていたものにさらにまいたけを加え、
塩・コショウをふり、
水分が出てくるまでよく炒めます。
手順4
カレー粉を入れて再度炒めます。
水分がある程度なくなったら完成です。


ルーを使用する場合:
常温でカレーのルーをあらかじめやわらかくしておきましょう。
フライパンの熱でも溶けにくい場合は、炒めるときに少量のお湯で溶かしてから入れてください。
手順5
お鍋でお湯をわかし、
3分ほど麺をゆでます。


湯で時間は好みの硬さに合わせて調節してください。
●目安
固め:1分半
やわらかめ:3分半
完成
器にスープの元とお湯をいれスープを作り、
そこに5でゆでた麺と
ドライカレーとお好みの野菜を乗せます。
ドライカレーにまいたけを使うことで
カロリーセーブ!
きちんとカロリーコントロールして、
おいしく楽しくマクロビオティック!