マクロビオティックとは?


好ましい食べ物

穀類(無精白、全粒のもの)


よく噛めば好きなだけ食べてよい
例:玄米、そば、小麦、トウモロコシ、大麦、キビ

野菜


その季節、その土地で取れたものなら何でもよい
例:ニンジン、タマネギ、カボチャ、大根、キャベツ、カリフラワー、レタスなど
  野草としては、タンポポ、フキ、ゴボウ、ナズナ、クレソンなど
※ただし、ジャガイモ、トマト、ナスは陰性のものなので除く

二大原則

●身土不二


人間も植物も全て生まれた環境と一体であるということから、住んでいる土地にあるその季節にあった食べ物をとり、主産物を
主食に、副産物を副食にすることで心身も環境に調和し、健康につながるということを意味します。

●一物全体


一つの食品を丸ごと食べることで身体が整うという考え方。
実、根、茎、葉全体で命であり、陰と陽のバランスが保たれています。
穀物は皮や胚がついているものがよく、主食としては玄米をすすめています。

陰性と陽性について

身体の健康を維持するためには、陰性と陽性のバランスが大切という考え方です。
食事の際には陰陽の偏りがないよう注意しましょう。
陰性 陽性
  • 冷たいもの
  • カリウムを多く含む
  • 温暖な気候風土でとれる
  • 育ちが早い
  • 水分が多い
  • 熱いもの
  • 動くもの
  • ナトリウムを多く含む
  • 涼しく寒いところでとれる
  • ゆっくり育つ
  • 水分が少ない
<食材例>
なす、じゃが芋、ピーマン、トマト、大根、キュウリ、バナナなど。
味覚的には、酸っぱい、辛い、えぐいもの。
<食材例>
玉ねぎ、ごぼう、にんじん、肉類、魚介類など。

airis-cooking-アイリスクッキング-はマクロビオティック製品を扱っている
オーサワジャパンの商品を取り扱いしております。